「ハワイアン・ジャーナル社のオンラインショッピングは

2016年12月末をもちまして、ラッツパックレコードへ

移管いたしました。今後はこちらからショッピングを

お楽しみくださいませ。

http://www.ratspack.com/catalog/hawaii/

引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。」

レネ・パウロ 「スターダスト〜スウィート・メロディー・フォー・ハワイ〜」 

スチールギター/スラッキーギター/ウクレレ

RESPECT RECORD (RES-265)

2015年3月25日  2,500円 +税

レネ・パウロ 「スターダスト〜スウィート・メロディー・フォー・ハワイ〜」 

ハワイを代表するピアニストによる至福のジャズ・スタンダード集。

「1960年代、大勢の日本人がハワイへやって来るちょっと前、
ワイキキには大勢のアメリカ人がいて、ジャズ・ピアノが流れていたんだよ」
――レネ・パウロ

アルバム&曲解説付き 2014年ホノルル録音

■アルバム内容
85歳を迎えるハワイを代表するピアニスト、レネ・パウロ。前作から2年8ヶ月ぶりとなる新作はジャズ・スタンダード集。18歳で名門ジュリアード音楽院に入学し、作・編曲から指揮まで、クラシック音楽を学んでいましたが、当時ニューヨークで流行っていたジャズに興味を持ちます。


「ジャズのインプロビゼーションに強く惹かれた。アート・テイタム、
ファッツ・ウォーラー、アール・ハインズなんかをよく聴いていたよ。
スタンダード・ソングも弾いていたし、コール・ポーターやデューク・
エリントン、ジョージ・ガーシュインなんかも好きだった」

1950年代はアメリカの軍属ピアニストとして来日し、軍の仕事と同時に渡辺晋氏率いるグループ「シックス・ジョーズ」に参加しました。さらに中村八大氏と親交を結び、その演奏は日本の社交界では「ジャズ・ピアニストの帝王」と呼ばれる程になりました。なお当時、渡米前の秋吉敏子にピアノを教えました。
1960年に入るとハワイに戻り、ワイキキで演奏活動を始めますが、レネの奏でるジャズのスタンダードは大好評を博しました。
本作は長きに渡り演奏してきたジャズのスタンダード・ナンバーを中心に選曲された、レネ・パウロならではの、ゆったりとした美しくロマンティックな演奏が堪能出来る作品です。
ハワイの海、空、風、匂いが立ち登って来る、まさに至福の一枚と言えます。

本作は2014年11月23日と24日の両日、ハワイを代表するピアノ調律師であった故Yoshi Nishimura氏が手掛けたピアノサロン“モーツァルト・ハウス”(ホノルル)にて録音しました。使用されたピアノはベーゼンドルファー設立175年記念・モデル225“スワロフスキー”をメインに、9曲目と15曲目のみベヒシュタインを使用しました。

カゴに入れる


ページトップへ