「ハワイアン・ジャーナル社のオンラインショッピングは

2016年12月末をもちまして、ラッツパックレコードへ

移管いたしました。今後はこちらからショッピングを

お楽しみくださいませ。

http://www.ratspack.com/catalog/hawaii/

引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。」

デニス・カマカヒ「オハナ~素晴しきファミリー・デュエット~」

スチールギター/スラッキーギター/ウクレレ

RESPECT RECORD (RES-280)

2016年6月22日  2,300円 +税

 デニス・カマカヒ「オハナ~素晴しきファミリー・デュエット~」

優しくロマンティックな歌声と演奏。
息子デイヴィッドのウクレレとのデュエットにも心踊る、素晴らしいハワイアン・アルバム!

ジョージ・ウィンストン&デニス・カマカヒ プロデュース作品 
1999年度作品/2015年最新マスター音源使用 日本初CD化
オリジナル・ライナーノートと対訳、今井栄一氏による書き下ろしライナーノート、全曲ギター・チューニングを記載

“ウクレレを弾く息子デイヴィッドとの純粋なデュエットなど、「オナハ」はかつての良き時代を彷彿させ、デニスの音楽が持つ美しいロマンティシズムをも知らしめてくれるアルバムだ”――ジョージ・ウィンストン!

■アルバムの内容
オナハ=家族の繋がりを大事にするハワイ。ハワイアン・スラック・キー・ギターもオハナに深く根ざしています。主要なスラック・キー・ギタリストのほとんどは、最初の演奏の機会を両親や祖父母、叔母、叔父、従兄弟、兄弟などから授けられています。デニスも「スラック・キー・ギターはオハナの影響で自然に身についたよ」と述べています。
本作は息子のデイヴィッドとのデュエットを始め、オハナから受け継いで来たハワイアンの古典作品や、リリウオカラニ女王の作品、そして10曲目のオハナをテーマにしたオリジナル曲など、ハワイの心を伝える素晴らしい楽曲で構成されています。
アルバムタイトルの「オナハ」には、デニスがこのアルバムに世代を超えた伝承を託したいという気持ちを込めています。
「父から子へ、またその子へ、さらにまたその子へ。個々の人間に対し、音楽に対してのアロハの精神が引き継がれて行くことが大切なんだ」(デニス)。
なお7曲目は息子デイヴィッドのウクレレも美しい、映画「八十日間世界一周」の主題歌です。

カゴに入れる


ページトップへ