File 5エイミー・ハナイアリイ 『ハワイアン・トラディション』

(LEIR-0039)

このアルバムがハワイでリリースされたのは1997年。日本では日本サッカーが悲願のワールドカップ出場を決め、「失楽園」が流行語となった年である。

当時はまだ今より街中にCDショップも多く、ハワイのコーナーはケアリイ・レイシェルの「エオマイ」、「サンディーズ・ハワイ」ナレオ・ピリメハナの「アイランド・ブリーズ」等が並んでにぎわっていた。そこに♪ハノハノ~ ハレイワ~のパンチの効いた歌声で彗星のごとく登場したのが、エイミーのこのアルバムである。 エイミーにとっては2枚目のアルバムだが、翌年のナホクでは最優秀アルバム賞、女性ボーカリスト賞をはじめ数々の賞をさらって一躍ハワイのトップスターとなった。私自身もちょうど習い始めたフラのレッスンに通うのが楽しく、ここでの仕事も始めたばかり、という頃で、小気味の良いウィリー・Kのギターで始まる「ハノハノ・ハレイワ」を聴くと、張り切っていたあの頃の気持ちがよみがえってくる。

編集長 岡田智子

この記事をはてなブックマークに追加
« 前のStory 次のStory »
ページトップへ